障害対応

住宅ローンのキャッシング利用

人生において一番高いお買物としてあげられるのが、マイホームの購入です。
何千万という住まいを購入するにあたって、多くの人が住宅ローンを選択します。
住宅ローンは各金融機関によって金利の優遇が異なります。
都市銀行から地方銀行、ネット銀行などそれぞれ特徴が違う中で選択しなくてはいけません。

多くの借り入れの種類の中でも、住宅ローンは金額が高く返済年数も長期にわたる場合がほとんどです。
そのため返済の滞りのリスクを回避するために、とても厳しい審査が行われます

審査で大きく関わってくるのが、現状で借り入れがあるのかどうかということです。
すでに借り入れを行っていて返済中の場合、住宅ローンがさらに上乗せされる形になります。
そのため、住宅ローンが通りにくくなってしまう可能性があります。
また今は借り入れが無い状態でも、過去にキャッシングでトラブルがあった場合なども審査が通りにくくなります。
返済の遅延、滞納などは大きく審査に関わってくるので、キャッシングでは注意が必要です。

住宅ローンの申し込みと同時にキャッシングも希望される人もいます。
住宅購入後、家具や家電製品の購入などで現金が必要な場合もあります。
少しでも条件を良くするために、住宅ローンの申請を行い審査が通過してからキャッシングを行うようにしましょう。


このページの先頭へ